ビタフルにはニコチンは入っているの?

ビタフルにはニコチンは入っているの?

電子タバコビタフルはカラフルなデザインで、男性はもとより女性にも人気があります。

そして成分としてですが、ニコチンやタールは含まれてはいないです。またビタフルは健康に良い成分がいくつか入っています。

この製品では紙巻タバコに含まれているニコチンが入っていないですが、喫煙することによる爽快感を味わうことが出来ます。

多くの方がタバコをやめることに苦労していますが、ビタフルを使用することにより楽に禁煙することが可能になります。

紙巻タバコに含まれるニコチンは強い依存性があり、中毒性もあります。

しかしニコチンが入っていないビタフルを用いることにより健康で快適なタバコを吸うことと変わらない生活を行うことが出来るようになります。

ビタフルの成分には何が入っている?

ビタフルの成分には何が入っている?

電子タバコビタフルは、2017年8月に株式会社I-neから発売された電子タバコです。

何でそのような名前なのかというと、ビタミンなどの成分の入った液体を電気で熱で加熱気化した蒸気を吸うからです。

他の電子タバコと違う点は、他の電子タバコにはグリセリンやプロピレングリコールが主成分でタールやニコチンも入っていますが、こちらにはタールやニコチンもプロピレングリコールすら含まれていません。

タバコの形をした栄養供給剤のようなものです。こちらには6種類のビタミンなど健康にいい成分が含まれています。

そして、なにより日本で生産されている点は非常に安全です。

これは充電タイプではなく、使い捨てタイプなので別出費を抑えることもできます。

身体にいいもので作られていますが、一応くくりとしては電子タバコになるので20歳以上のかたからしかつかえません。

ビタフルと他の電子タバコの違いって何?

ビタフルと他の電子タバコの違いって何?

加熱式電子タバコは、従来の紙タバコと違う方法で熱を与えるため、体に入る成分はほとんど変わりません。

しかし、電子タバコビタフルはニコチンなどが含まれる電子タバコと違い、味や香りの付いた水蒸気を楽しむことができるタバコなので、成分に大きな違いがあります。

電子タバコビタフルの内部にはリキッドがセットされており、それを加熱することで水蒸気が発生します。

リキッドには様々なフレーバーがあり、フレーバーに合わせた味や香りのする水蒸気を吸うことでタバコに似たリフレッシュ気分を味わうことが可能です。

電子タバコビタフルのリキッドは、ビタミンやヒアルロン酸など、健康成分が多く含まれているため、タバコのように健康に影響を与えないのが特徴です。